口・のどの症状について

こんな口・のどの症状の方はご相談ください

  • 咳が続く
  • のどの痛みがある
  • のどの違和感がある
  • のどの異物感がある
  • のどにできものがある
  • 口内炎が出来る
  • 口が乾く
  • 声がかすれる など

のどが痛い

のどの痛みがある場合は、まずのどのどこが痛むのか、特に何もしていない時でも痛むのか、それともものを飲み込んだ時に痛むのかといったことについて調べます。
のどの痛みのほとんどは、咽頭炎や扁桃炎が原因です。それ以外には、耳の下のリンパ腺の腫れによる痛みがあります。
この場合は、耳の痛みのように感じられることもよくあります。そのほか急性喉頭炎でも、のどの痛みが生じます。

のどの違和感・異物感

のどに違和感や異物感がある場合には、咽頭や喉頭、あるいは食道に何らかのできものや炎症が生じていることが考えられます。
また、咽頭がんや食道がんなどでも、のどにものが引っかかっているような違和感を覚えます。
逆流性食道炎などの消化管の疾患が、のどの症状から見つかることもあります。
検査をしても特に異常が見つからないのに、のどに何か引っかかっているような異常感を覚える場合には、咽喉頭異常感症が考えられます。

声がかすれる

のどの使い過ぎによる一時的なのどや声の異常は心配無いのですが、そうした状態が数ヶ月も続く場合や、徐々に進行する場合、また反復して起こる場合などは、原因を特定するために、耳鼻咽喉科医にご相談ください。扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よく見られるのどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーが関連している場合もあります。脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生じていることもあります。
とにかく原因はさまざまであり、時には重い病気のシグナルの場合もあります。

口内炎

口内炎は、口の中の粘膜に起こる炎症の総称です。
さまざまな原因で起こり、口の中の粘膜であれば頬の内側や唇の内側、歯ぐき、舌というように、どの部分にも出来ます。
口内炎が出来ると、熱いものや冷たいものがしみたり、食べ物が触れただけでも痛みが強まり、とても食事をとることが出来ないようになることがあります。
全身疾患のひとつの症状として起こるケースもありますので、口の中のどこに出来ているか、多発していないか、繰り返していないか、治りにくくはないか、などを総合的に判断する必要があります。

口が乾く(口腔乾燥症)

口腔乾燥症とは、唾液の分泌が低下して、口が異常に乾いた状態のことを言い、"ドライマウス"とも呼ばれます。広い意味での口腔乾燥症は、唾液分泌の低下だけでなく、口が乾いていると自覚する症状のすべてを指すことになります。
軽度では主に口の中のネバネバ感、ヒリヒリ感が生じ、う蝕を生じ、歯垢を増加させ、口臭も強くなります。重度になると、唾液分泌量が低下し、口腔内の乾きが進行し、強い口臭、舌表面のひび割れ、痛みによる摂食障害、会話しづらいなどの障害も現れます。場合によっては、不眠をきたすこともあります。